スポンサーリンク

〔BAKS LIQUID LAB〕Lychee Bak with Mint レビュー

スポンサーリンク

〔BAKS LIQUID LAB〕Lychee Bak with Mint レビュー

お疲れ様です。まさです。

初のリキッドレビューですね。vapeといえばmodとリキッドなのに、今までリキッドレビューをしなかったのは、得別なこだわりがあった分けではありません。

ただ一つ言えるのは、vapeの美味しさって100人vaperがいれば、100通りの感じ方があると言ってもいいほど千差万別じゃないかなと思います。だって食べ物も酒の好みも人それぞれですから。

なので、私が美味しいと言っても「へーお前はコレおいしいって思うんだぁ」「これ苦手って味覚おかしいの?」

程度の参考になれば幸いです。

では本題のBAKS LIQUID LABさんのLychee Bak with Mintのご紹介です。

Lychee Bakはライチ(フルーツ数種類)×ラム(リキュール数種類)×清涼剤の人気リキッドですが、今回は清涼剤の変わりにミントがプラスされています。

Lychee Bak with MintはBAKS LIQUID LABとSTEEP BASEとのコラボらしいのですが、私が購入したボトルには記載がない見たいなんですよ。なぜ?

BAKS LIQUID LABさんのパッケージには製造年月日が入ってるんですが、最近の物みたいです。もしかして、コラボパッケージは初回ロットのみだったのかな?

  • VG70;PG30
  • 60ml
スポンサーリンク

吸ってみた

GoonLP 8巻きデュアル 0.35Ω

BAKS LIQUID LABのリキッドは、DL向きと言うよりはMTLの方が味がでる気がするのですが、爆煙アトマGoonLPで試してみました(笑)

とりあえず35Wくらいから

まずミント感。次にフルーツの爽やかな甘みと酸味。そしてどこか洋酒の雰囲気とメンソール?ミント?の風味が残る感じがします。

45Wに上げてみます。

ミント感?メンソール?が強くなった気がします。ついでフルーツ系の甘さと爽やかさ、最後にかすかにコゲ?苦味?が感じられます。

GAMBIT 7巻き 0.7Ω 20W

エアフローは1/3開で使用

最初は柔らかなミントの風味、次にフルーティーな甘さと酸味が感じられ、最後に洋酒が残ります。

フルーティーさと洋酒感が増し、ミントがやさしくなった感じがします。

まとめ

高ワッテージではミント感が強まり、フルーティー差や洋酒感が薄くなりました。低ワッテージではミント感は丸くなりフルーツの甘みや酸味、洋酒感が強く出てきます。フルーツや洋酒の複雑さも感じられるようになってきます。最後に感じられるのがそれなのかもしれません。個人的には0.7~1.0Ω低ワッテージの味が好きです。

無印のリシェとの違いは清涼剤の刺激より、やさしくなったミント感とフルーツの感じ方が大きいと思います。特にミントは開封時から主張しているので、ミントが苦手な方には向かないかもしれません。ミントが入った事でフルーツの爽やかさが増したように感じます。

もぅ季節は秋ですが、初夏らしいリキッドを紹介してみました。

スポンサーリンク
vape レビューブログリキッド
スポンサーリンク
シェアする
まさをフォローする
まさ subset