スポンサーリンク

〔ASMODUS〕BUNKER RDA レビュー

スポンサーリンク

お疲れ様です。まさです。

最近行ってないですが、少し前までゴルフにハマッていた時期がありました。もうね毎日のように打ちっぱなしに行ってましたよ。けして上手ではないですが、コンペにも何度か混ぜていただきました。得意なのはバンカーショット!からのバンカーです。狙ったかのようにバンカーに吸い込まれていきます。きっと何か見えない力が働いているのでしょう。

さて今日はASMODUSさんのBUNKER RDAのご紹介です。嵌ると抜け出せないのでしょうか?すでにvapeと言うバンカーに嵌ってますがね。

BUNKER RDAですが、もうね見た目がカッコイイです。両サイドのスリットとかとってもセクシー。

Characteristic!

  • ルックスがかっこいい!シースルーの小窓からデッキの様子が見えます。
  • 簡単ビルドのシングルデッキ
  • 爆煙だけど、味もしっかりでてます。
スポンサーリンク

〔ASMODUS〕BUNKER RDA 開封

ASMODUSさんのアトマイザーパッケージはカッコイイですね。ちょっとアトマにしては大きめですが。表面のASMODUSロゴは虹色にキラキラします。裏面には内容物の記載ですね。

内容物

  • BUNKER RDA本体
  • ノーマルピン/BFピン
  • 六角レンチ2種類
  • Oリング一式
  • 予備ネジ
  • スペアガラス
  • ユーザーマニュアル
  • Oniコイル(0.2Ω×2個)

ユーザーマニュアルは日本語はありませんね。でもそんなに困る事はないと思います。たぶん…。

スペック

  • サイズ:24.5㎜×33㎜
  • 重量:40g
  • ドリップチップ:810デルリン製
  • コンタクト:510
  • エアフロー:サイドエアフロー
  • BF:BFピン交換式

サイズはマニュアルでは24㎜ですが、実測で24.5㎜でした。

〔ASMODUS〕BUNKER RDA 詳細

大きな特徴の1つ両サイドの大きなスリット。中の様子が丸見えです。

ドリップチップは外に向かって大きく広がっていきます。

一番細いところで、6㎜くらいですね。

トップキャップは平坦ではないけれど、ドーム状ではないです。

チューブ部分のパーツ。仕上がりは綺麗ですね。やっぱり肉抜き部分の存在感がすごい。チューブ下部の小さなでっぱりは周り止めになってます。

シンプルなシングルデッキです。シングル前提デッキですが、ゴツのビルドも可能なくらいの余裕はあります。

エアフローは2本のOリングの間から入って、斜め上に抜けコイルに横から当たる感じですね。エアフローは無段階調整ですが、基本的にスカスカです。絞ればそれなりに…な感じ。基本的にDL運用でいいかと。

ポジティブ側はピンで留まっているだけなので、簡単に分解できます。

デッキ裏のエングレービングも綺麗ですね。初期のピンはBF用でした。最近の流行って事かな?

とりあえず24ga 3㎜ 7巻きでビルドしてみました。コイル足の固定位置はサイドが若干盛り上がっています。固定はとっても簡単です。そして割とゴツめのビルドでも難なくこなせそうですね。

〔ASMODUS〕BUNKER RDA まとめ

初期ピンがBFだったのでPULSE Xに乗せてみました。スリットから中の様子が見えるっていいですね。BFだとコットンの供給具合が見えてとっても良い!欲を言うならコイルが見えるともっと良かったかな。ASMODUSのBFが欲しくなりました。

シングルビルドでゴツめのコイルがビルドできるアトマイザーですが、割と味がでます。DL運用を考えれば十分濃い味が出てると思います。ミスト温度は低めです。エアフローを絞ればそれなりにミスト温度は上がりますが、味の出方は爆煙の方が好み。同じように味のでるシングルコイルで爆煙アトマは、マスプロではwotofoのRECURVEでしょうか?体感ですが、RECURVEの方がドローの調整は利きます。全開で使うならBUNKER RDAの方が味の出方がストレートな気がします。エアフローがRECURVEは真横からなのに対して、BUNKER RDAは真っ直ぐ斜め下からだからなのかな?ホント私の体感なので、好みの問題です。

ASMODUS BUNKER RDAはルックスもカッコよく、味もミストも満足できて、さらにコットンの状態も見れるという、至れり尽くせりのRDAです。2018年の締めに登場した傑作アトマイザーだと思います。

スポンサーリンク
RDAvape レビューブログ
スポンサーリンク
シェアする
まさをフォローする
まさ subset