〔ASPIRE〕Nautilus AIO レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お疲れ様です。まさです。今日はまたまたpod型vape。aspire Nautilus AIOのご紹介です。pod型って言葉は、今年のvape界の流行語大賞にノミネートされるんじゃないでしょうか?

Nautilusといえば、優秀クリアロの代名詞とも言えるくらい有名なアトマイザーですね。Nautilus2が昨年(2017)春に爆発的ヒットを記録し、その優秀なアトマイザーに採用されていたBVCコイルは、流通量も多く、味にも定評があります。今日ご紹介するNautilus AIOでも名前の通り、もちろん採用されています。

aspireさんはBreeze2、Spryteと最近はpod型のリリースが相次いでますが、ようやくNautilus AIOが登場ですね。やっと来たか!っとNautilusにお世話になった1人のファンとしてうれしい限りです。

ではさっそく見ていきましょう。

Characteristic!

  • 待望のNautilus BVCコイルが使える
  • 4.5㎜ℓのタンク搭載
  • 良くも悪くも軽い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Nautilus AIO開封

引用;aspire公式

カラーバリエーションは豊富ですね。今回は無難ですがシルバーを購入しました。どうせなら黒金とか赤金みたいに冒険するべきだったかな。

箱は小ぶりですが、とても高級感があります。中身も分かりやすく整理整頓してありますね。

内容物

  • Nautilus AIO 本体
  • Oリング一式
  • シリコンパッキン(タンクの蓋)
  • MicroUSBケーブル
  • 1.8Ωコイル(レギュラーBVCコイル/ニコ塩に最適化されたコイル 各1個)
  • ユーザーマニュアル

スペック

引用;aspire公式

サイズ H87.5×W37×D21
出力 12w
内臓バッテリー容量 1000mAh
リキッド容量 4.5㎜ℓ
使用コイル BVCコイル
充電方法 マイクロUSB
エアフロー ボトムエアフロー(無段階調整可能)

スペックはpod型のvapeとしては十分な内容。特にリキッドが4.5㎜ℓ持ち運べるのは大きいですね。余程パカパカ吸わない限り一日持つでしょう。

気になった点としては、見た目は良いのですが、いかんせん軽いのです。持ち運びには良いことなんですが、触った感じがプラスチッキーなのと相まってオモチャっぽく感じるんですよね。

大きさは数字だけだと分かりにくいので比較してみました。

背の高さは蓋を取ったベプログさんのTARLESSと同じくらいです。TARLESSより厚みはありますね。持つには持ちやすいですが、ポケットに入れると気になるところ。

こうして見るとminifitって本当小さいんですよね!

スポンサーリンク

Nautilus AIOの詳細と使い方

aspireさんのBreezeシリーズと同じくマウスピースカバーが着いています。清潔面を気にされる方にはうれしい所ですね。固定はOリングなどはありませんが、今の所ふいに外れたりはしません。きつめに固定されています。

裏面にはベントホールが空いています。

podは両サイドの黒いスイッチを押す事で外れます。podは前後関係なく装着できます。

接点は3箇所ありスプリングになっています。

podを逆さまに見ています。オレンジのゴムがリキッドチャージの蓋。中央の銀色の部分がコイルの固定とエアフロー調整のリングです。画像はエアフロー全開ですね。

 

付属のコイルは2種類。抵抗値はどちらも1.8Ωです。画面右(緑のOリング)の方がNic Salt対応コイルみたいですね。一般的なリキッドで使ってみた感じ、どちらのコイルも問題なく(得に味に違いはなく)使用できました。

コイルはpod下部中央のエアフローリングを外して装着します。

リキッドチャージはオレンジのゴム栓を抜いて行います。口は大きめ(4.6㎜)なのでユニコーンボトルがそのまま突っ込めますが、エア抜きの穴は無いみたいなので注意しましょう。リキッドチャージ後はコイルにリキッドをなじませる為にしばらく放置しましょう。公式によると3分と書いてありますが、そんなに早くて大丈夫かな?あまり短いとコットンが焦げて使い物にならなくなるので気おつけて下さい。

Nautilus AIOの使い方

 

Nautilus AIOは急速充電には対応しておらず、1Aまでの充電器で充電しましょう。充電が開始されるとLEDライトが3回オレンジと赤に点灯します。充電終了後はLEDがオレンジと青に20回ずつ点滅し、そのまま電源がオフになります。

バッテリー残量

  • ブルー×オレンジ 3.8V以上
  • ブルー 3.5V~3.8V
  • オレンジ 3.5V以下

となっていますが、ブルー×オレンジって言われても紫に見えるんですよね。私だけなのかな?そろそろメガネ買おうかな。

使い方はpod型なので非常に簡単です。

  • ON/OFF → 電源マークのボタンを素早く5回クリック
  • vapeing → 電源マークのボタンを押しながら吸引
  • podの着脱 → 本体両サイドの黒いスイッチを押して引き抜く
  • エアフロー調整 → podを取り外しで底面中央のエアフローリングで調整可能
スポンサーリンク

Nautilus AIOまとめ

Nautilusファン待望のpod型、Nautilus AIOのレビューをさせて頂きました。Nautilusシリーズのコイルと同じBVCコイルなので味に関しては、Nautilusに似ていると言うか、Nautilusです。形状とエアフローにより、若干大味なのかもしれません。ですがこのタイプなら十分味出ている方かと思います。

使い勝手の良さはBreezeシリーズ同様で、コンパクトになった分使い勝手は向上しています。pod使い捨てタイプと比べればコイルを交換する為、手が汚れる手間はありますが慣れてしまえば簡単な作業です。

気になる事は、軽量なプラスチッキーな為おもちゃ感が拭えない事。エアフロー調整はpodを外さなければいけない事くらいでしょうか。その他欠点らしい点は見当たらないですね。Nautilusの味が好きならオススメできるpod型vapeではないでしょうか。

aspire公式