スポンサーリンク

〔Five Pawns〕MAGNUS レビュー

スポンサーリンク

〔Five Pawns〕MAGNUS レビュー

本日はリキッド界のロールスロイスとも言われる、美味しい高級USリキッドのFive PawnsよりBLUEシリーズMAGNUSをご紹介させて頂きます。Five Pawnsと言えば、Castle LongやGrandmasterが有名ですが、今日は今年登場したBLUEシリーズをご紹介します。BLUEシリーズは塩味の効いた新感覚リキッドのようです。リキッドで塩味って、ちょっと想像が難しいですね。

その昔、塩キャラメルなる物が世間を賑わせた事もありましたが、今日ではコンビニに行けば塩系のお菓子は沢山あります。きっと塩は何にでも合うのでしょう。そもそもリキッドは意外な組み合わせが美味しかったりしますからね。

スポンサーリンク

パッケージ

相変わらずFivePawnsのパッケージは高級感があってカッコイイです。FivePawnsはチェスをモチーフとしたネーミングですが、今回はノルウェー出身のチェスのグランドマスターであるマグヌス・カールセン氏から頂いたみたいですね。

このMAGNUSは大人のリンゴスイーツをコンセプトに作られています。

  • VG/PG比率 70:30
  • 容量 60ml

吸ってみよう!

では吸ってみましょう!

歴代のFivePawnsのリキッドは高めの抵抗値、低ワッテージ、MTLで吸うとその奥深さが味わえます。でもとりあえずいつものカンタル6巻き0.7Ω 20wで!

開封から青りんごのような、焼きりんごのような香りがします。

高級リキッドに敬意を払ってmodはdicodesのdanibox!でも今回はワッテージで行きましょう。

スコー・・・・!!

まず青りんごの爽やかさが来ます。すぐ何か香ばしい焼き菓子感、でもそれほど甘くありません。キャラメルのような何か?も感じられます。吐くときにりんごの青っぽさと、塩キャラメルの後味が残ります。

もぅ最初の一口目で嗚呼これは複雑だなと感じ取れます。そしてこれは上手くレビューできないなと自覚しました。(なら書くなよ)

フローを絞って16wでいきます。

スコー・・・・

・・・。

より複雑さがましたような気がします。最初に青りんごのフルーツ感が来るのですが深みが増し、その奥にある焼き菓子感と洋酒のような風味が強くなった感じです。まだ何か隠れてる気がするのですが、言葉で上手く表現できません。

まとめ

なんど吸っても何か隠れてる気がして、その奥深さがFivePawnsの醍醐味ですが、レビューしてみるとこれほど難しいものはないですね。味覚は人それぞれですが、感じた事を上手く言葉にできません。ここでお詫びしておきます。言語力がたりず申し訳ありません。

さてFivePawns MAGNUSですが、後日低抵抗、高ワッテージも試してみました。青りんご感がより強まり、複雑さは隠れてしまいます。後味がスッとする気がするのですが、若干清涼剤が入ってるのかな?他のワッテージでは気にならなかったけど。まぁこれはこれで、吸いやすいのですがFivePawnsっぽさはないですね。

先にも書いたように、何が隠れているのかを探すのがこの手のリキッドの醍醐味のような物だと私は思ってます。(あくまで主観です)

最近ではFivePawnsも60mlボトルが発売され、以前よりお求め安い価格になってきました。というか最近はどのリキッドも安くなった気がします。秋の夜長にFivePawnsの奥深さを探してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
vape レビューブログリキッド
スポンサーリンク
シェアする
まさをフォローする
まさ subset