スポンサーリンク

初心者の為のメカニカルmod講座

スポンサーリンク

お疲れ様です。まさです。

初心者向け記事も遂にメカニカル編です。このページをご覧になってると言う事は、少なからずvapeに、そしてメカニカルmodにご興味がある方だと思います。

そんな方々に質問ですが、みなさんメカニカルmodにどんなイメージを持ってますか?

アブナイ、危険な物、様々だと思いますが、決して間違ってはないです。

良くメカニカルmodを検索すると、「メカニカルは十分な経験と知識が必要」と言う言葉が出てきます。

その言葉は間違ってはいないと思いますが、では初心者が触るな!と言う事なのかと言えば、少し違うんじゃないかと思います。

私、個人の意見としては、危険性と安全に仕様する方法を知ってさえいれば、誰でもメカニカルを使えばいいと思ってます。


だって誰しも最初は初心者ですから! そして経験や知識なんて、好きでやってる事なら嫌でも身に付いてしまいます。

私もvapeを始めて間もない頃は、メカニカル=危険って図式が頭の中にあって、私がコレに手を出す日は来ないだろーなと思ってました。

でもそんな図式は簡単に崩れます。

とあるショップさんに訪問した日、店員さんが使っていた銀色のmodがあまりにカッコイイ!

もうね、一目惚れというやつですね。そのmodはギリシャのメーカーさんのmodで、公式サイトから購入できるなど、色々教えて頂きました。

結局、初めての海外通販の勇気がなかなか持てず、手にするのはもっと先の話になるんですけどね。その話はまた今度で(笑)

そうです。メカニカルmodはカッコイイのです!

vapeでカッコイイって重要ですからね。

一口にメカニカルと言っても色々ある訳ですが、一言で言うなら。

メカニカルmodとは、例えるならミニ四駆!

テクニカルmodは、あえて例えるならラジコンなわけです。

メカニカルmodはバッテリーのパワーを、直接アトマイザー(抵抗)に流すわけですからね。制御もなにも無い状態。ONかOFFのみなわけです。

メカニカルmodは、modの中に必要な物はバッテリーのみ。バッテリーなければただの筒です。だからコンパクトにできてます。さらに形や素材はモッダーさんのセンスが感じられる物も多く存在します。

そしてバッテリー直結のパワーを使いこなすという、程良い緊張感や達成感。

だからカッコイイって思えるんでしょうね。

故に価格も数千円で買える物から、ASKって書かれた物まで青天井なのですけどね…。

それではメカニカルmodを、安全に使ってみる為のお話をしてみたいと思います。ちょっと長いかも。

スポンサーリンク

メカニカルmodを使うとき注意する5つのお話

1.アトマイザー選び

メカニカルmodで使うアトマイザーで確認すべきポイントは

  • アトマイザーはRBAでポジティブピンがしっかり出ている物を使う。
  • ポジティブピン周囲のインシュレーター(絶縁)は破損してない事
  • ポジティブピンに緩み、歪みがない事
  • バッテリーとの接点がポジティブピンのみである事
  • クリアロは安全の為使用しない

クリアロがなぜダメなのか。きっと疑問に思う方もいらっしゃるのでは?

これはクリアロの構造上、クリアロのポジティブピンが可変式になってるからです。つまりポジティブピンが出ているように見えても、押し込むと凹んでしまうからです。

クリアロのコイルには(○○W~○○W)と推奨ワッテージの記載があるように、テクニカルmod前提ですしね。

2.オームの法則を知っておこう

中学生で習うのかな?きっとご覧になってる皆さんも習った事あると思います。それを記憶の片隅から引っ張り出してきましょう!

オームの法則

V(電圧)=I(電流)×R(抵抗)

 なんでこんなのが必要なの?って思う方も多いでしょう。何度も言いますが、メカニカルmodには保護機能がないからです。そしてメカニカルmodで使用できる安全な抵抗値を知る為です!

なので上の式から抵抗を求める式に変えて

R(抵抗)=V(電圧)÷I(電流)

としました。R(抵抗)とI(電流)はバッテリーによって違うので、ご自身で確認ください。

 たとえば、連続放電20A 3.7Vのバッテリーの場合

R(抵抗)=3.7V÷20A

という式になり答えは0.185Ωとなります。

つまりバッテリーの性能の、限界の抵抗値と言う事なので、

間違ってもこの抵抗値で使用しないでくださいね!

今度は逆に、任意の抵抗値で大丈夫かどうかを調べてみましょう。先ほどの式から

 I(電流)=V(電圧)÷R(抵抗)

3.7V、連続放電20Aのバッテリーでビルドが0.2Ωだった場合、以下の式になります。

I(電流)=3.7V÷0.2Ω

I(電流)=18.5A

18.5Aの電流が流れる事になります。連続放電が20Aなので、バッテリー表記通りの性能であれば使用できます。ただしバッテリーが劣化してない状態で、表記通りの性能で、安全マージンほぼ無し!という条件に限りますが…。

そんな怖い使い方はやめましょう!

だって今お使いのバッテリーどこ産ですか?そして絶対表記通りの性能って言えます?Ωメーターは絶対正確ですか?世の中「絶対」なんて事はありませんから。

安全マージンの取り方は人それぞれですが、ちなみに私はバッテリーにもよりますが、18650、20Aなら最低0.3Ωはキープしようと思ってビルドしてます。

3.ビルドについて

 前項で話した内容と被る箇所は割愛してます。

  • トップキャップを付けてから抵抗値チェックをもう一度!
  • 2~3回測定して、値が急に低くなったり、測定毎に違うときはどこかショートしてるか、ネジが緩んでる可能性があります。
  • 過度な低抵抗はショートしてるのと同じです!

4.バッテリーについて

普段何気に使ってるバッテリーですが、メカニカルだとことさら重要になってきます。本当はテクニカルでも注意したいとこなんですけどね。

理由はメカニカルには安全を担保する、低電圧保護や短絡保護が無いからです。

ではバッテリーのどこをチェックするのか?

  • バッテリーの劣化状態、できれば新しい物を使いましょう。

余談ですが、vapeに使われるリチウムイオンバッテリーの過放電領域は2.75Vくらいです。それ以下になると、充電できなくなってしまう可能性があります。

  • バッテリーの皮膜、傷や凹みがある物は使わない。

バッテリーは(+)極以外の大部分は(-)極で出来ています。それを保護する皮膜が破れていると、そこでショートしてしまう危険があるからです。電気は流れやすい方向に流れますからね!

4.mod本体について

これから付き合っていくメカニカルmodですが、新品で購入された方、譲り受けた方もいらっしゃるかと思います。

これは絶対やらないと!ではありませんが、推奨と言うことで書きます。

  • メカニカルmodを分解してみよう
  • メカニカルmodを洗浄しよう

なぜこの工程がいるのか?

分解については、「洗浄」の前段階として、そしてこれから付き合っていくmodの構造理解の為です。メカニカルmodは基盤などのデリケートなパーツは少ないので、特別な工具も必要なく素手でバラせる物がほとんどです。

modの材質によって洗浄できないパーツもあります。

スイッチパーツの分解は注意しましょう!バネ式はびよーんって飛ばさないように!そしてマグネット式は磁石割らないように!

自分で手入れする事で愛着も湧きますし、長く付き合っていけるでしょう。メカニカルってこの先数年は形変わらないと思いますしね。変わっても流行のバッテリーの大きさに対応するくらいかな?

日本製ではあまり無いですが、海外製品は新品購入でも切削粉まみれだったり、バリがあったり、油まみれだったりします!そんな状態でも特に珍しい話でもありません。そのまま使うのは電気的にも衛生的にもよくないので、一度洗浄しましょう。丸洗いできるのもメカニカルならではです。

5.アトマイザー、mod本体、バッテリーの取り付け

メカニカルmodには取り付けの順序があります。これも安全に使用する為の先人の知恵です。

手順は以下の通りです。特に難しい手順でもないので、習慣にしましょう。

  1. まずはメカニカルmod本体にアトマイザーの取り付け
  2. バッテリーを本体に挿入する

アトマイザー(抵抗)を先にmod本体に取り付ける事でショートを防ぐという事です。

アトマイザーを外すときは、まずはバッテリーを先に取り出します。最初と逆の手順ですね。

もしアトマイザー(抵抗)が無いままバッテリーを挿入して、スイッチを押すとmod単体で回路が完成してしまいますからね!爆弾のスイッチを自ら押すような物なので、絶対に押さないように!

補足

Q.もし使用中にパフスイッチを押しても何も反応がなかったら?

可能性として、どこかショートしている。バッテリーが消耗している。接触不良。ただコイルがゴツいから立ち上がりに時間が掛かるだけ…などです。

A.対処方は

  • ショートの可能性を考えて、それ以上パフスイッチを押さない!
  • mod、アトマイザーetcの各ネジに緩みが無いか見てみましょう。(良くあるのは、バッテリーとアトマイザーのポジティブピンの接点調整とかかな?)
  • アトマイザーは、Ωメーターorテクニカルmodに乗せてパフしてみましょう。(抵抗値は安定して同じ値ですか?ちゃんとパフできてますか?)コイルがゴツいだけなら、ちゃんと炊けるはずです。

 

Q.modが熱い!

チェーンしてると人肌程度には暖かくなります。

ただし、持てないくらい熱い!使い始めてすぐ!などの場合めっちゃ危険な状態かもしれません。

A.対処法は

  • 今すぐバッテリーを抜く!

万が一持てない、触ってられないくらい熱い、バッテリーが膨らんで抜けない場合は、ムリしてバッテリーを抜こうとせず、人に迷惑が掛からない所にでも投げ捨ててください。どんなに高価なmodでもこうなると手榴弾と同じですから!不発弾で終わればラッキーです。

(等ブログでは責任とれません、あくまで自己責任で!)

余談ですがメカニカルチューブにも色々あるよ

左奥;WISMEC Reuleaux RX Machina 中;gus kiss summer edition v2 右奥;Ultima vape banaspati competition mod 

基盤無いなら種類も何もないじゃん!なわけですが、これが色々あるんです。

と言うかここからは本当に好みの問題!mod選びってユーザーの色が出る趣味の世界。

それが一番顕著に出てるのがメカニカルmodの世界だと私は思ってます。

結局のところ、人がどうこうじゃなくて、好きな物気に入った物を使うのが一番ですからね。

だってvapeって趣向品ですから!

接点の違い

左、ハイブリッド 中、510接続 右、510(ヒューズ入り)

ポジティブ側の接点は、テクニカルmod同様の510接続の物もありますが、メカニカルらしく?バッテリー直結のハイブリッド接続の物も多く存在します。メカニカルmodの中にはヒューズが入ってる物まであったりします。

  • ハイブリッド;バッテリーの(+)極とアトマイザーが直接接触する。
  • 510接続;modの接点を介してバッテリーとアトマイザーが接触する。

接点の大きな違いはこの2つ。この差は安全面ではとても大きな差です。ハイブリッド接続は、バッテリーと直接接点をとるため、バッテリーの(+)極に凹みがあったり、ポジティブピンに歪みや緩みがあって、何かの拍子でショートする可能性が高いと言う事です。

余分な物を介さないので通電が早いといわれていますが…。私もハイブリッド使ってますが、プラセボ的な物なのかな?でも確かに早い気もするんですよね。比べた事ないので真意はわかりません。

素材

チューブの素材もカッパーの物からブラス、ステンレスまで様々です!でもホントただの筒!

スイッチ

スイッチはバネ式とマグネット式が多いですが、中には変わった物もあったり…。

上記写真の左はスプリングです。(バラしてなくてごめんなさい。これバラすのにラチェットとかいるの)

右は…仕組みの名前が分からないタイプ。Banaspatiのスイッチはクラッチシステムと呼ばれてるみたいです。

まとめ

最近わたしの周りで、メカニカル始めたいんだよね?って方もいらっしゃったので、初心者向けと言う事で書いてみました。

より安全に使うには?と思い書いてみましたが、至らない点もあると思うので疑問に思う事、ここどう言う意味なん?などなどありましたらご連絡ください。

前項にもかきましたが、結局メカニカルって基盤も何もない状態故に、外観や仕組みに拘った物が多く存在します。その中から自分好みのmodを使いこなすロマンみたいな物ですかね。

vapeをやってたら、一度は憧れる世界なのかもしれません。

ただ、結局のとこ趣味の世界ですから、メカニカルにどっぷり嵌る方もいらっしゃれば、何年もvapeやっててもメカニカルmod使わない方もいらっしゃいます。

自分の趣向にあったmodでvapeを楽しんで頂ければ幸いです。ご興味のある方は一度、メカニカルの世界を覗いてみても楽しいかもしれません。

※安全にメカニカルmodを使用する為の方法をいくつか書いてみましたが、万が一事故等が起きても自己責任でお願いします。当ブログは一切の責任を負いません。

〔Ultima vape〕banaspati competition mod レビュー
〔Ultima vape〕banaspati competition modのレビューをさせて頂きました。そこまで値の張るmodではありませんが、加工精度も良く、フルカッパーの所有欲も満たしてくれます。フルカッパーのmodは初めてでしたが、やっぱり通電早いですね。