スポンサーリンク

2018年使ってみて良かった物!

スポンサーリンク

さて今日は、2018年使ってみてよかった物をザックリ紹介しようと思います。っと言ってもこのブログ、初めてまだ3ヶ月ぐらいなんですよね。レビュー数もそんなにないし、商品提供して頂けるほどメジャーでもないので、私の趣味で購入した品々です。すごーく独断と偏見ですが、行ってみましょう。

スポンサーリンク

2018年、使ってみて良かった物!mod編

〔EHPRO〕KIT101D

101はね。もうこの見た目がとっても好き!シンプルでカッコイイ。値段もそんなに高くない。むしろ安価なのに、modの繋ぎ目が良く見ないと分からないほど綺麗に仕上げてある点など、良く出来ています。

バッテリーサイズで長さが変えれるのも良いですね。18650の他18350にも対応しています。22㎜チューブなので、サイズ的に乗せるアトマを選びますが、付属のアトマが意外と優秀だったりします。

〔EHPRO〕 101D kit レビュー
本日ご紹介するのは、私のスタメンmodの1つEHPRO 101です。見た目はメカニカル、中身はテクニカルという、ありそうでなかったチューブmod。このクールなmodをレビューしてみたいと思います。

〔Hotcig×RigMod〕RSQ

スコンカーからは人気のRSQを。Pulseシリーズと迷う所ですが、 コンパクトさとルックス、スコンカー入門者にも使いやすいと言う事でこちらに。

やっぱり人気なのには訳があるのです。テクニカルスコンカーなのに、このコンパクトなボディーはズルイですよ。どうしても外出時のメインmod筆頭候補に入って来ちゃいますよ。見た目もシンプルなので、アトマイザーも合わせやすいですし、modがラウンドしてるので25㎜もギリ乗ります。スコンカー入門としても使いやすいmodです。

〔RigMod×Hotcig〕 RSQ 80W BFmod レビュー
すでにご存知の方も、所持されている方も多いと思うスコンクmod。RSQは、RigModさんとHotCigさんのコラボモデルです。ディテールにもこだわって作られたこのモデルは、テクニカルBFmodの割りにはコンパクトで、持ちやすく使いやすい使用になっています。

多少大きくても、バッテリー持ちがよく軽いのはvandyvapeさんのpulseです。21700バッテリーが積めるのは良いですね。

〔VANDY VAPE〕PULSE X BF kit レビュー
VANDY VAPEさんからPULSE BFmodの新型PULSE Xが登場です。RDAとのキットになり、リニューアルされました。前作よりバッテリーが21700対応になり、少し小型になりました。21700対応は素直にうれしい限りです。

2018年、使ってみて良かった物!アトマイザー編

〔eXvape〕eXpromizer V3FIRE

RTAはあまり紹介してなかった気もします。V3FIREは見た目もクオリティーも、いい意味でマスプロっぽくないアトマイザーです。マスプロらしさはパッケージとお値段だけ。先に紹介した、EHPRO KIT101との組み合わせで異常に長いvapeの出来上がりです。

味や風味も良く出てます。ただし、MTLアトマとしては、う~んと言う感じ今一つ絞りきれない感じが拭えないですね。MTLはケイファンにお任せして、私は重めDL専用機と割り切ってます。

〔eXvape〕eXpromizer V3 FIRE RTA レビュー
eXvapeさんのeXpromizer V3 FIRE RTAをレビューさせて頂きました。精巧な造りと味にも期待できる一品です。ドイツ設計、中国生産と思われます。全バラシが出来る古き良きデザインは、好きな人は好きでしょうね。オールドスクールな感じが好きな私には大好物です。

〔GAS MODS〕NIXON V1.5

RBAは何を選ぶかすごく迷いました。goonやfemtoにしようかとも思ったんですが、美味しいって分かって使ってましたからね。なので合えて選びませんでした。

NIXON V1.5も評判良かったのと、見た目に引かれて購入したわけですけどね。選んだ理由は、RDTAをスコンカーに乗せるとこんなにに快適!っていうのを教えてくれたアトマだからです。NIXON V1.5は普通にRDTAとして使うと、タンクが小さいのにリキチャがやり辛いと言う欠点が目立ちますが、スコンカーとして使うとなんて快適で美味しいアトマなんでしょう。とちょっと感動しました。

〔GAS MODS〕 NIXON V1.5 レビュー
22×22㎜とマスプロっぽくない見た目と背の低さなので、どんなmodにも合わせやすいRDTAです。開封時からBFピン付いてたので、RDTAなのにスコンカーで使う?とも思いましたが、色んなレビュアー様が評価していたので使ってみました。

RDAではwotofoさんのRECURVEよかったです。シングルデッキでビルドもしやすく、味も良く出るので、一つは持っていても損はないかと思います。

〔WOTOFO〕 RECURVE RDA レビュー
wotofoとMike Vapes氏のコラボモデルのRDA。 特徴的なデッキ構造で、造りもいいので高いコスパを提供してくれます。 エアフローに関しては調整が少し難しいです。調整の幅がシビアと言うべきかもしれません。 見た目通り爆煙機ですから、太めのコイルで全開が正解な気がしなくもない・・・

2018年、使ってみて良かった物!pod型

〔LOST VAPE〕ORION

2018年はpod型飛躍の1年と言っても良いくらいpod型が登場しましたね。

minifitのヒットにはじまり、各社色々な小型デバイスをリリースしました。その中で小型pod型デバイスの革命とも言える製品だと思ったので、LOST VAPEのORIONを選ばせて頂きました。このORIONを使うまで、pod型なんてそれなりに味がでて、コンパクトに纏まってくれればそれで良いって思ってました。それがこのORIONで変わりましたね。まさかのDNA搭載pod型ですから!まさかの温度管理されちゃってますよ。pod型なのに!正直ORIONあれば他の小型デバイスいらなくなるレベルです。

〔LOST VAPE〕ORION レビュー
今日はLOST VAPEから登場した、ORIONのご紹介です。 ORIONは、サブ機と言われる小型デバイスの中では、頭一つ以上飛び抜けてると思います。pod型用に作られたDNA GOは触っていて面白いです。スクリーンの無い小型デバイスにとてもよくマッチしています。Replay機能が優秀すぎますね。近い将来、pod型にも各社基盤を搭載してくるる事でしょう。

他にもaspireさんのnautilus AIOも優秀ですね。やっぱり美味しいと定評のあるクリアロ、nautilusと同じコイルが使える為、美味しいです。

〔ASPIRE〕Nautilus AIO レビュー
Nautilusファン待望のpod型、Nautilus AIOのレビューをさせて頂きました。Nautilusシリーズのコイルと同じBVCコイルなので味に関しては、Nautilusに似ていると言うか、Nautilusです。形状とエアフローにより、若干大味なのかもしれません。ですがこのタイプなら十分味出ている方かと思います。

2018年、まとめ

本当にざっくりと紹介させて頂きました。今日ご紹介した物意外にも、良い物は沢山ありました。特にアトマイザーに関しては、ハイエンドと呼ばれる物も含めて合えて載せてません。入手製、初心者の方の手の出しやすさ、私の趣味を考慮して選考した結果です。ご了承ください。

2018年はpodデバイス、小型デバイスが盛んでしたね。アメリカでもJUULをはじめとするpod型デバイスが流行して、社会問題に発展してました。各社、次々に新製品を投入してきて、性能や品質もこの1年で劇的に進化してきました。

ユーザーとしては嬉しい事ですが、結局どれ選んだらいいの?サイクルが早すぎて、せっかく買ったのにもう新作でちゃったよ。って方も多いのではないでしょうか?podの互換性も無いためちょっと辛いとこですね。

それだけ各社試行錯誤の段階で、どこか一社が一人勝ちでは無いという事ですね。vape業界は活気があって、まだまだ発展途上ということです。

ただ小型デバイスを除いたmodに限っては、2年前くらいから大きな進化は少ないように感じます。温度管理機能が多くのmodに搭載され、カーブモードが登場し、それ以降革新的な進化ってあまり感じられません。

まぁ私もメインで使うモードってVWモードだし、たまにdicodesで温度管理用にビルドするくらいです。むしろ近年はあえてのVWモードのみ、保護機能のみってmodも増えてきた気もしますからね。それはそれで、潔くて好きですよ。

今年?昨年末からスコンカーも多くリリースされましたね。以前はスコンカーと言えばメカニカルが主流でしたが、ピコンカーをはじめ、保護機能を備えたWISMECさんのLUXOTIC BFやテクニカルスコンカーで流行のRSQなど、初めてスコンカーを使う方も、手の出しやすいmodがリリースされています。 

アトマイザーはハイエンドとマスプロの差が、希少性や仕上げの品質、材質の差程度になってきたと思います。

味に関しては、ハイエンドの構造を一部模倣したような物も増え、以前のような大きな壁は取り払われたと思います。一昔前のように、これはイカガナモノカというアトマイザーって無いですからね。大抵のアトマイザーはビルドしやすく、それなり以上に美味しい物が大半ですから。レビューしているとコメントに困りますよ。

ハイエンドはより作り手の色、仕上げや加工精度、希少性を。マスプロはより良いクオリティーと価格を求めらるようになるのでしょう。

 2018年のまとめとして書いてみました。

本年は〔まさsubset〕にお付き合い頂き誠にありがとうございました。

このブログを開設してまだ3ヶ月です。

当初は趣味の延長でしたが、いつの間にか多くの方にご覧いただき、記事数も40を超えるまでに成長しました。

まだ40記事ですが、筆まめでもない私が、よくここまで書いたなと思います。それもご覧頂いている読者の方々のおかげです。

少しでもご参考になる記事を書けるよう、来年度も邁進して参りますので、お付き合い頂ければ幸いです。

来年も皆様方のご健勝と、より良いvapelifeを祈っております。

2018/12/31 まさsubset管理人

スポンサーリンク
vape レビューブログ
スポンサーリンク
シェアする
まさをフォローする
まさ subset