〔VANDY VAPE〕PULSE X BF kit レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

〔VANDY VAPE〕PULSE X BF kit レビュー

本日は久々?にmodレビューです。VANDY VAPEさんからPULSE BFmodの新型PULSE Xが登場です。PULSE BF 80wが登場してから半年。もう新型を投入してくるあたり、vape業界はサイクルが早いですね。もう少し、せめて1年サイクルでもいいんじゃないかな?でも技術開発は日進月歩。それだけこの業界は勢いがあると言うことですな。

では何が変わったのか?前作は軽量フレームに基盤を載せたテクニカルBFmod、バッテリーは20700に対応でした。アップデートされた今作では20700→21700に変更されています。バッテリーの強化に伴い、出力も80wから90wに変更されています。スターターキットになってのアップデートですが、もちろん単品での購入も可能です。

そして驚く事に、大きさはほとんど変更されていないのです。ほんと技術の進歩ってすごいですね。

購入元;(有)コモンウェルス

Characteristic!

  • バッテリーは21700対応
  • 軽量テクニカルBFmod
  • 機能は充実しています。でも操作はちょっとクセがあるかも。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

開封

箱裏面には簡単な説明と内容物が書かれています。

私が購入したのカラーはFrosted Blackです。VABDYVAPEさんの梱包は高級感は無いけど、綺麗に収まってるから好印象です。

内容物

  • Pulse 90w box mod
  • Pulse X RDA
  • スコンクボトル
  • USBケーブル
  • 18650用アダプター
  • スケルトントップキャップ
  • Oリング、+ドライバー、六角レンチ、コンタクトピン等
  • ユーザーマニュアル

スペック

サイズ H82.6×W54.8×D27
重量 80g
使用バッテリー 18650/20700/21700
設定可能範囲(ワッテージ) 5~90w
設定可能範囲(温度管理) 200~600F 100~315℃
抵抗値範囲 0.05~3.0Ω(VW)

0.05~1.5Ω(TC)

モード POWER(VW)/BYPASS/VV/TC(Ti/Ni/SS) 
保護機能
  • オーバーヒート保護
  • 短絡保護
  • オープン回路保護
  • 過電流保護
  • オートカットオフ
  • 低電圧保護
スポンサーリンク

〔VANDY VAPE〕PULSE X 90w box modをRSQと比較

ちょっと気になったので、愛用のRSQと大きさ比較してみました。サイズはPULSE X(H82.6×W54.8×D27)、対するRSQ(H79×W48×25)と一回り小さいです。ちなみに前作はH82×W56×D27とPULSE Xの方が小さくなっています。

背はPULSE Xの方が若干高いですね。数値ほど背の高さは違いを感じません。21700バッテリーを搭載できる割に、低く抑えられていると思います。

厚みの差は2㎜です。RSQはラウンドしている最も厚みのある部分が25㎜の為、薄く感じますね。

幅は約6㎜も違う為、並べてみるとその差が顕著に現れますね。持ったときにアレ?なんか大きいかな?っと感じます。

ですが、PULSE Xは21700対応の割りにmod本体が樹脂で出来ている為、非常に軽いのです(80g)。逆にRSQは152gと小柄な割りに少し重いのです。持ち心地もPULSE Xのプラスチッキーな感じに対し、RSQは金属のような冷たさと程よい重みを感じます。好みの問題なので、どちらが良いと言及しませんが、同じスコンカーでも素材でここまで印象が違う物になるってvapeは奥が深いですね。

スポンサーリンク

詳細

引用;VANDY VAPE

カラーの選択肢は多いですね。どのカラーもフレームは黒の樹脂素材です。Frostedカラーは樹脂パネル。G10はグラスファイバーだそうです。公式の画像ではFrosted blackのパネルはグレーっぽく見えますが、実物は黒です。ただし、透けるので光の加減でグレーにも見えなくもないですね。

〔VANDY VAPE〕PULSE X BF kit mod

まずはmodから見ていきましょう。

アトマイザーとの接点は510スプリングコンタクト。正面にmicroUSBの接続部があります。

背面はバッテリーのとこだけ透けるようになってますね。どうせ透けるなら正面と同じにしてほしかったです。G10も透けるのかな?お持ちの方教えてください。

底面はベントホールらしきものがあります。

左が操作画面側です。

パネルはマグネットで装着されています。マグネットは1つだけですが、使用中に外れたりガタガタしたりすることはなかったです。画面下はスコンクボトルと18650用アダプター。シリコンで柔らかく出来ているので、メーカーごとに違う若干の太さの差を埋めてくれバッテリーにフィットします。

バッテリーは上が(-)下が(+)になっています。バッテリーは21700/20700/18650(アダプター装着)で使用可能です。

VANDY VAPEのスコンクボトルはチューブ式ですが肉厚で固定しやすく、首の部分が硬く扱いやすいです。

スポンサーリンク

Pulse 90w box mod 使い方

Pulse 90w box modは表記や使い方が若干変わっているところがあるので、メジャーなmodに使い慣れた方は少し戸惑うかもしれません。

基本操作

  • パフボタン5回クリックでON/OFF
  • パフボタン3回クリックでモード変更(+/-ボタンで変更、パフボタンで決定です。)

P(パワーモード)→BYPASS→V(VV)→SS(Tc)→Ni(TC)→Ti(TC)

  • +-ボタンを長押しでメニュー画面呼び出し
  • +ボタンとパフボタン長押しでキーロック/ロック解除(パフボタンは作動します。)
  • -ボタンとパフボタンで画面反転
  • TC時のワッテージ調整はパフボタン4回クリックでWが点滅、+/-ボタンで変更可能になります。
メニュー内容

  • +-ボタン同時長押しでメニューに入ります。
  • DIY1-5 カーブモードのような物。PCで設定できます。
  • N-H パワーブーストの設定
  • ID シリアルの表示
  • VER ファームウエアのバージョン
  • 詳細設定 機能のON/OFF、モード変更画面で選択できるモードを増やしたり、減らしたりできます。

詳細設定画面

引用;VANDY VAPE

スポンサーリンク

〔VANDY VAPE〕PULSE X アトマイザー

透明キャップが付いてきます。

見ての通りスケスケで、エアホールの調整もバラすことも出来ません。エアーは真っ直ぐ斜めに落ちる構造ですね。

スペック

サイズ H25.5(DT,コンタクト含まず)×W24㎜
ドリップチップ 810(510アダプター付属)
エアフロー サイドエアフロー

トップキャップ

金属キャップは2分割式です。

チューブ内側とトップキャップの両方に角度が付けられています。

引用;VANDY VAPE

エアフローは透明キャップは調整不可ですが、金属キャップは上下3個づつ2段、計9つの穴が調整可能です。ただしエアホールの下段だけで1個開き、2個開きはできません。下段全開きから絞ると構造上、上の段が開き始めます。

デッキ

デッキはパンダ2段重ねにしか見えない….。なかなか独特な形をしていますが、ベロシティーなのと、24㎜と大きめのアトマイザーの為ビルドは簡単です。

ウエルは割と深めに設定されていますね。エアホールの位置も高いので、横倒しにしないかぎりよほど漏れないと思います。

デッキ裏です。ポジティブピン周囲をインシュレーターが覆っているので、メカニカルでの使用にも配慮されています。

ビルドは4つの穴に、それぞれコイル足を入れて個々に固定できるタイプです。はじめてデュアルデッキのビルドに兆戦される方にも比較的取り組みやすいと思います。

引用;VANDY VAPE

スコンクした時のリキッドはデッキ上部から出て、デッキの下に開いている穴から余剰分を回収してくれます。このデッキ上部からのリキチャは、コイルに直接ドリップできるようにと考え出されたのでしょう。ですがコイルをタワーに近づけるか、よほどゴツいワイヤーで太めに巻いてみないと難しいです。単線26ga/3㎜なんかでエアホールに近づけてビルドすると、スコンクしたリキッドがコイルに直接ドリップされません。modを斜めにしてスコンクすれば直接コイルにドリップできるのかな?まぁスコンカーとしては普通に使えるので問題ないのですが。

スポンサーリンク

〔VANDY VAPE〕PULSE X BF kitまとめ

RDAとのキットになり、リニューアルされたVANDY VAPEのPULSE X BF kitのご紹介ですが、前作よりバッテリーが21700対応になり、少し小型になりました。21700対応は素直にうれしい限りですが、前作との大きな違いはそれくらいかな?前作をお持ちの方には買い替えの一手にはならないかもしれませんね。

付属のアトマイザーは意外といい味だしてます。爆煙使用のパンダデッキ(勝手に命名しただけです。)はビルドも簡単で、高さもあるのでビルドの自由度が高いです。エアフロー調整の幅も広く、かなり軽い爆煙使用から重めDLまでこなせます。

デザインもシンプルでアトマイザーも合わせやすく、21700対応のテクニカルスコンカー。これからスコンカーを初めて見たい方、スコンカーをお探しの方にとっては有力候補になるんじゃないでしょうか?