〔VEEAPE〕KEY BOXレビュー

お疲れ様です。まさです。

またまた久しぶりの更新になりましたね。気が付いたらもう春ですね。

なのに今日は突然の雪ですよ。夕方に外でたら吹雪いててびっくりですよ。先日ノーマルタイヤに交換したのに!

スタッドレス今年はあまり活躍してなかったなぁ…。

さて今日は4月に新型が全国販売されるらしい、プルームテックの互換機、VEEAPE KEYBOXのご紹介です。

プルテク互換機は以前ご紹介した、JUSTFOGのQ14などありますね。Q14は互換機と言うよりは、プルームテックも使えるVAPEですが、市場にはプルームテック互換機が多くのメーカーからリリースされています。

プルームテックは構造や概念がvapeに近いものがありますし、簡単な仕組みなので造りやすいんでしょうね。

〔Just Fog〕Q14レビュー
Just FogさんのQ14レビューしてみました。Q14の特徴は冒頭で述べた通り、優秀なプルテク互換である事。そしてコンパクトであり、程よい重さと、他AIO製品やpod型にない高級感だと思います。そして14㎜の専用アトマイザーは、想像以上に良い味出しています。個人の意見としては、Nautilusと良い勝負なんじゃないかと思ってます。

今日ご紹介のKEYBOXですが、とてもコンパクトな本体になっています。さらに出力調整が可能になっていて、3段階で好みに合わせて調整可能になっています。

〔VEEAPE〕KEY BOX 開封

パッケージは紙箱になっています。本体は小さいんですが、箱は結構大きめなんです。

裏面はセット内容とスペックの表記がされています。

内容物

  • KEYBOX本体
  • マイクロUSBケーブル
  • アダプター
  • ユーザーマニュアル

スペック

  • サイズ;H70㎜×W36.2㎜×D20.4㎜(実測)
  • バッテリー容量;650mAh
  • 出力3段階調整(2.8V~3.8V)

〔VEEAPE〕KEY BOX 詳細

外観

側面にパフボタンが1つ配置されています。マットな質感のラバー塗装です。安っぽさはないですね。

反対側の側面には大きなスリット。上部はプルームテックのカートリッジを挿入する穴と、丸い液晶が付いています。

底面はマイクロUSBのポートがあります。

大きさはプルームの箱より、2周りくらい小さいです。互換機の中ではかなりコンパクトなんじゃないでしょうか?

上部の液晶はバッテリー残量、パフカウント、出力モード、パフ時間を表示してくれます。

小さい画面ながら優秀です。とくにバッテリー残量はとてもありがたいですね。

使い方

使い方はとっても簡単です。

  • 電源のON/OFFは、2秒以内にパスボタンを5回クリック
  • パフボタンを押しながら吸引

出力モード変更は

  • 電源ONの状態で素早く3回クリック

なんかPOD型のVAPEっぽいですね。ちなみに出力は体感ですが、Lで本家プルーム程度、Hだとカプセルによってはちょっと炊きすぎな感じ、私はMで使ってます。(あくまで個人的な感想です。)

一つだけ注意点ですが、カートリッジの装着には専用のアダプターが必要です。

アダプターはKEYBOXに付属するんですけど、1つしかないうえに、小さいので無くさないようにしましょう。間違ってもカートリッジと一緒に捨てないように!

カートリッジの装着はマグネットになっています。差し込むだけでカチッと装着完了。

それなりの吸着力で不意に取れる事は今の所ありません。

〔VEEAPE〕KEY BOX まとめ

今日はプルームテック互換機のご紹介をしてみました。

出力の調整が可能な点や、バッテリー残量の確認が可能になっていたりと、便利機能が搭載されています。これだけの機能を備えながらも、非常にコンパクトに仕上がってます。

IQOS一人勝ち感がある加熱式たばこ業界ですが、プルームテックも互換機が増えてきましたね。

春に新型が展開予定で気になる所ですが、KEYBOXもリキッド補充が可能な互換カートリッジなんかを使えば問題なく使えそうです。

気になる方はチェックしてみてください。