スポンサーリンク

〔WAKE MOD CO〕LITTLE FOOT 60w Kit レビュー

スポンサーリンク

お疲れ様です。まさです。最近、お仕事で春入社の新人君にも独り立ちして欲しくて、色々任せているわけです。どこの会社でも入社から半年過ぎて、仕事にもなれ他部署との付き合い方やマナーも身について来た頃かと思います。でもウチの後輩君、今年の忘年会の予約は早く取った方がいいよ!?もし取れないなら新年会のご案内はしたほうが良いよ。マジでキレる人いるからね。

っと言う事で本日はスターターキットのご紹介です。今日ご紹介するのは

〔WAKE MOD CO〕LITTLE FOOT 60w Kitもう発売から半年以上経ちますが、優秀なのでご紹介してみます。バッテリー内臓modの為、非常に小型でありながら、ワッテージの他に温度管理までできてしまいます。そしてDot Modのデザイナーがデザインしたmodは、シンプルでありながら、艶やかでクールな佇まい。iphonを思わせる質感は高級感を感じさせます。

では特徴です。

Characteristic!

  • バッテリー内臓型故のコンパクト設計
  • デザイン、質感はとても良い
  • コンパクトなスターターなのに、60wまで出せて温度管理も付いてます。
スポンサーリンク

 〔WAKE MOD CO〕LITTLE FOOT 60w Kit 開封


箱は厚紙ですが手触りよく、ロゴも金文字で入ってます。よくあるバッテリー内臓のスターターとはちょっと違うな。っと感じさせてくれます。

内容物

  • LITTLE FOOT 60w 本体
  • Wake Tank(クリアロマイザー)
  • 予備ガラスチューブ
  • コイル(0.5Ω/1.5Ω)
  • マイクロUSBケーブル
  • Oリング一式
  • クロス

スペック

LITTLE FOOT 60w mod

  • サイズ:実測H68㎜×W40.5㎜×D25.5㎜
  • バッテリー:2000mAh
  • モード:VW/温度管理(Ni/Ti/SS)
  • ワッテージ範囲:5w~60w
  • 温度管理範囲:200~600F 100℃~315℃

Wake Tank

  • サイズ:実測24㎜×48.6㎜(ドリップチップ含む、コンタクトピン除く)
  • 適応コイル:0.5Ω/1.5Ω
  • タンク容量:3.5㎜ℓ
  • ドリップチップ:独自規格

〔WAKE MOD CO〕LITTLE FOOT 60w Kit 詳細

LITTLE FOOT 60w mod

背面には何やら描かれてますね。アトマイザーが乗る位置はセンターより若干正面より。そしてコンタクト周囲にも装飾がありますね。コンタクトはもちろんスプリングです。両面の白い部分が若干高い(0.2㎜程度)ので、アトマイザーを締め付けると先両サイドのパネルに干渉しそうです。

裏面にも何やらロゴが入ってますね。きっと付属のクロスやパッケージと同じ柄なのでWAKE modのロゴなのかな?

マイクロUSB端子は正面にあります。パフボタンには三日月マークが入ってますね。

Wake Tank

見た目は金色でゴージャスな印象のクリアロです。大きさも24㎜なのでそれなりに存在感がありますね。エアフローは片側に5個穴が開いていて調整可能です。

各パーツも金と黒でキラキラしてますね。ドリップチップは独自規格のようです。

コイルは2種類0.5Ωの物と1.5Ωの物が付属しています。

リキッドチャージはトップキャップ(ネジ式)を外して、両サイドの穴から行います。クリアロなので、リキッドが浸透するまで10分程度は待ちましょう。

〔WAKE MOD CO〕LITTLE FOOT 60w Kit 使い方

操作方法はいたってシンプルです。

まずはパフボタン5回クリックで電源on/offです。

+/-ボタン同時押しでVWモード→温度管理(Ni→Ti→SS)と変化して行くので任意のところで指を離してください。

その他の機能として

  • +とパフボタンでパフカウントリセット。
  • -とパフボタンでキーロック(パフボタンは作動します。)

特に操作は難しくはありませんね。すぐに慣れると思います。

〔WAKE MOD CO〕LITTLE FOOT 60w Kit まとめ

今回はコンパクトなスターターキット、WAKE MODさんのLITTLE FOOT 60w Kitをご紹介させて頂きました。mod自体は質感もデザインも良く、内臓バッテリーのmodとしては優秀なできだと思います。得に質感は良く言えばiphonのような感じですね。身近なところでは冷蔵庫の壁面?ちょっとひんやりして、つるつるです。ただし、指紋が付き易いので気になる人は付属のクロスで綺麗にしましょう。温度管理機能もありますが、このmodでそこまで優秀な温度管理は期待してないので、おまけ程度でいいと思ってます。 

バッテリー容量も2000mAhあれば、少し使った18650バッテリーくらいですから、コンパクトなmodとしては十分かと思います。

問題のクリアロですが、カッコイイのは見た目だけです。エアフローを絞っても、ワッテージ調整しても味の変化は微々たる物でした。リキッドにもよるのでしょうが、正直に言って以前紹介したアスパイアさんのNautilus AIOの方が美味しい。このクリアロが味がでる物なら、「大きなpod型」的な使い方も考えれたかも知れないのに残念です。

しかしmodとしてはカッコイイしコンパクトなので、RDAや美味しいクリアロでも乗せてお出かけ専用機として使用してみたいと思います。modがカッコイイと言うのは、mod選びで重要な条件ですから。

スポンサーリンク
MODvape レビューブログ
スポンサーリンク
シェアする
まさをフォローする
まさ subset